top of page
検索
  • toshindaimondai

【尾崎二郎牧師の論文裁判判決の報告と所感】 

 尾崎二郎牧師の裁判判決が、10月11日東京地裁立川支部でありました。結果は、尾崎牧師の請求が棄却されました。尾崎牧師にとって、また支援してくださった方々にとっては、まことに残念な判決でしたが、その報告と所感をHPに掲載します。

 第一の感想は、まことに原告である尾崎牧師にとってはハードルの高い訴訟であったと痛感したことです。修士論文審査の是非について、外部者である原告が、裁判所を納得させる証拠を出して立証するのは、容易でなかったという事に尽きます。あらためて、著名な裁判官がよく言っておられた言葉を思いだしました。

「裁判とは証拠によって立証出来る範囲の事実を認定するものであり、真実を解明するのは裁判の仕事ではない。それはマスコミ、研究者、そして最終的には社会の責任である。裁判官に真実の探究を求めるのは、ある意味、過大な要求である」。

 尾崎先生はもともと負ける覚悟で問題提起のために裁判を起こしてくださり、ここまで労苦され、大事な働きをしてくださったことを感謝し、敬意をあらわしたいと思います。また、訴訟の口頭尋問や陳述書によって、東京神学大学の修士論文の評価の問題点も浮き彫りになったように思います。

 判決書の中身を読んだ感想としては、二つありました。第一は、関川元教授とK教授の対立について、修士論文審査の公正さを明らかに害する程度であったとの立証が、やはり困難であった。関川元教授とK教授との間に訴訟が存在していたとか、あるいはそれに匹敵する顕著な事象が無い限り、修士論文審査の公正を明らかに害する証拠としては認められなかったという事でしょう。

 第二の感想は、12月初頭の、もう一人の副査であった教授が欠席した教授会で、尾崎牧師の修士論文審査の不合格が教授会で可決されてしまったこと。それから、K教授の尾崎論文に対する論評が裁判官の目から見て、論文の共通評価基準に合致すると見えてしまったこと。これらがポイントとなり、12月の教授会の決定を裁判所としては尊重せざるを得ないのだと思います。12月教授会後の評価修正義務を大学に求めるには、12月の教授会決定の手続きに著しい不公正があるか、K教授の論評内容が外部の素人から見ても明らかに「理由がなく不合理だ」と納得させる証拠が必要でした。外部者である原告がそれらの証拠を集めることは不可能だったと思います。

 裁判官が大学内部の修士論文審査の違法を認めるためには、客観的に認定出来る基準に照らして、外形的にしか審査出来ないという制約の範囲で見ても「これは明らかに公正さを欠いた審査だ」と言えないと厳しいのでしょう。そのことからすると、やはり尾崎論文に対するK教授の点数評価を違法とまでは認定出来なかったのだと思います。

 尾崎牧師、あと裁判に協力した関川元教授、弁護士は最善の努力をしたのに残念で悔しいですが、「裁判の限界」という面を感じました。

 当時、尾崎牧師と同じ時期にM2の歴史神学に在籍し修士論文を出した者として、尾崎牧師の論文を不合格にするなら、他の論文をたくさん不合格にしないと、辻褄が合わなくなると感じています。尾崎牧師とともに大学院に在籍し、歴史神学を学んだ者として、K教授は尾崎牧師の論文だけを恣意的に不当に厳しく評価したと思わざるを得ません。今後も尾崎牧師の活動、お働きを祈りに覚えます。


以上が一読しての感想です。 (元東京神学大学学生)



閲覧数:935回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【「時の徴」170号の記事より】

つい先日、同人誌「時の徴」170号が発行され、その中で「教団立神学大学裁判」判決についての記事が掲載された。 この裁判はM元神学生が東神大教師や、東神大理事によるハラスメントを巡って提起した裁判である。同記事によると、3月13日、東京地裁は原告の請求を棄却する判決を下した。 しかし今回の裁判は弁護士を立てず、M元神学生による「本人訴訟」で行なわれたため、「非常に不利な形で、学校側の勝訴へとスピード

【東京神学大学の課題と改革刷新】

◆東京神学大学の現状―ヤフーニュースの記事から- しばらく前のヤフーニュース(2023年5月31日募集停止ドミノが続く大学・短大・3~残る・潰せる・ゾンビの差とは(石渡嶺司) - エキスパート - Yahoo!ニュース)に目がとまった方々も少なくないだろう。記事は、テレビにもしばしば出演する大学問題の評論家石渡嶺司氏によるもので、「募集停止ドミノが続く大学・短大・3 残る・潰せる・ゾンビの差とは」

【論文裁判】アカデミックハラスメント(2023.10.13追記)

別府不老町教会の尾崎二郎牧師が、東京神学大学を相手取り、アカデミックハラスメント訴訟を起こしました(2023年10月11日地裁判決により、原告である尾崎牧師の主張は認められませんでした)。 尾崎牧師は在学中、関川泰寛元教授の指導によって修士論文を提出しましたが、2人の副査(主査は関川教授)のうち、一人の教授が著しく不合理な点数を付与したことによって、修士論文が不合格となってしまいました。 修士課程

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page