top of page
検索
  • toshindaimondai

【論文裁判】アカデミックハラスメント(2023.10.13追記)

更新日:2023年10月13日

 別府不老町教会の尾崎二郎牧師が、東京神学大学を相手取り、アカデミックハラスメント訴訟を起こしました(2023年10月11日地裁判決により、原告である尾崎牧師の主張は認められませんでした)。

 尾崎牧師は在学中、関川泰寛元教授の指導によって修士論文を提出しましたが、2人の副査(主査は関川教授)のうち、一人の教授が著しく不合理な点数を付与したことによって、修士論文が不合格となってしまいました。

 修士課程修了後も、博士課程に進学し、研究を継続したいという願いを持っていた尾崎牧師にとって、このことは受け入れがたい結果でもありました。

 尾崎牧師は本件訴訟前に、東京神学大学教授会宛に点数の開示及び、不合格理由の開示を求めましたが、大学側からは納得のいく回答は得られなかったと言います。

 そのため、この度東京神学大学を相手取り、訴訟へと踏み切りました。

以下に尾崎牧師ご自身が作成した「裁判覚え書き」を添付いたします。



 尾崎牧師が願っていることは、修士論文が学問の場で正当に評価されることです。

そのためのオンライン署名が始まっています。



閲覧数:2,645回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【「時の徴」170号の記事より】

つい先日、同人誌「時の徴」170号が発行され、その中で「教団立神学大学裁判」判決についての記事が掲載された。 この裁判はM元神学生が東神大教師や、東神大理事によるハラスメントを巡って提起した裁判である。同記事によると、3月13日、東京地裁は原告の請求を棄却する判決を下した。 しかし今回の裁判は弁護士を立てず、M元神学生による「本人訴訟」で行なわれたため、「非常に不利な形で、学校側の勝訴へとスピード

【東京神学大学の課題と改革刷新】

◆東京神学大学の現状―ヤフーニュースの記事から- しばらく前のヤフーニュース(2023年5月31日募集停止ドミノが続く大学・短大・3~残る・潰せる・ゾンビの差とは(石渡嶺司) - エキスパート - Yahoo!ニュース)に目がとまった方々も少なくないだろう。記事は、テレビにもしばしば出演する大学問題の評論家石渡嶺司氏によるもので、「募集停止ドミノが続く大学・短大・3 残る・潰せる・ゾンビの差とは」

【尾崎二郎牧師の論文裁判判決の報告と所感】 

尾崎二郎牧師の裁判判決が、10月11日東京地裁立川支部でありました。結果は、尾崎牧師の請求が棄却されました。尾崎牧師にとって、また支援してくださった方々にとっては、まことに残念な判決でしたが、その報告と所感をHPに掲載します。 第一の感想は、まことに原告である尾崎牧師にとってはハードルの高い訴訟であったと痛感したことです。修士論文審査の是非について、外部者である原告が、裁判所を納得させる証拠を出し

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page