top of page
検索
  • toshindaimondai

【富山鹿島町教会長老会からのお葉書について】

 2022年8月19日付で、富山鹿島町教会長老会より、複数の教会宛てに一通の葉書が送付されました。その葉書には、6月16日付で当会の松原和仁氏(富山鹿島町教会長老)の名前で、諸教会、キリスト教学校等に宛てて送付した文書【6.16付文書】が「富山鹿島町教会長老会とは一切関係ないこと」、また富山鹿島町教会は「今後も今まで通り東京神学大学を祈りと献金をもって支える」旨が記されていました。

 この葉書に先立ち、富山鹿島町教会小堀康彦牧師より当会宛てに、6月16日付文書の送付先リストとラベルのデータを送って欲しいとのご連絡をいただきました。当会としては個人情報保護の観点からお伝えすることは出来ないこと、また、当該文書はあくまで当会自体の見解であり、文書全体及び体裁から、富山鹿島町教会とは何ら関係のないことは明らかである旨をお伝えしましたが、当ブログにおいても、改めてこのことを明確に申し述べておきます。

 

 さて、先の小堀牧師とのやり取りでは、このことに加えて、当会より、一点お尋ねさせていただきました。それは、東京神学大学の評議員として大学の運営に責任を負っておられる小堀牧師が、東京神学大学において現在起こっている問題(とりわけ、法人の理事の一人でもある現学長が、司法の場において元教師と元学生に対する2件の不法行為【人格権の侵害とプライバシー侵害】が認められたこと)についてどのようなご見解をお持ちなのかということです。文科省のウェブサイトには、評議員会には学校法人運営が適正に行われているかをチェックし、理事会に意見する諮問機関としての役割が期待されている旨が記されています。しかしながら、その重要な任についておられる小堀牧師より、このことについて、未だお返事をいただいておりません。


 6月16日付文書を送付した当会の願いは、現在東京神学大学で起きている(表面的には隠されている)問題について、東京神学大学を支えておられる各個教会やキリスト教学校の皆様に是非知っていただき、課題を共有していただきたいということでした。


 この度の一連の問題について、東京神学大学理事会からは未だ、何らコメントが発表されていません。神学校には一般社会に比して、より高い倫理観とコンプライアンス意識が求められるのは当然のことです。わたしたちはこの度の裁判において、大学の運営に責任を持つ理事者の一人(しかも学長理事)が、元学生及び元教師に対して不法行為を働いたと認定され、損害賠償の支払いが命じられたことは、重大なことであると認識しています。もし、理事会や評議員会が組織ぐるみとなって、このことを見過ごしにしているのであれば、文科省の認可を受け、国から私学助成を受けている一学校法人として、もはやそのガバナンスが崩壊していると言わざるを得ません。

 

 祈りと献金によって支えられ、なおかつ税金が投入されている東京神学大学は、諸教会やキリスト教学校、社会に対して早急に説明責任を果たすことが求められています。


閲覧数:1,184回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【「時の徴」170号の記事より】

つい先日、同人誌「時の徴」170号が発行され、その中で「教団立神学大学裁判」判決についての記事が掲載された。 この裁判はM元神学生が東神大教師や、東神大理事によるハラスメントを巡って提起した裁判である。同記事によると、3月13日、東京地裁は原告の請求を棄却する判決を下した。 しかし今回の裁判は弁護士を立てず、M元神学生による「本人訴訟」で行なわれたため、「非常に不利な形で、学校側の勝訴へとスピード

【東京神学大学の課題と改革刷新】

◆東京神学大学の現状―ヤフーニュースの記事から- しばらく前のヤフーニュース(2023年5月31日募集停止ドミノが続く大学・短大・3~残る・潰せる・ゾンビの差とは(石渡嶺司) - エキスパート - Yahoo!ニュース)に目がとまった方々も少なくないだろう。記事は、テレビにもしばしば出演する大学問題の評論家石渡嶺司氏によるもので、「募集停止ドミノが続く大学・短大・3 残る・潰せる・ゾンビの差とは」

【尾崎二郎牧師の論文裁判判決の報告と所感】 

尾崎二郎牧師の裁判判決が、10月11日東京地裁立川支部でありました。結果は、尾崎牧師の請求が棄却されました。尾崎牧師にとって、また支援してくださった方々にとっては、まことに残念な判決でしたが、その報告と所感をHPに掲載します。 第一の感想は、まことに原告である尾崎牧師にとってはハードルの高い訴訟であったと痛感したことです。修士論文審査の是非について、外部者である原告が、裁判所を納得させる証拠を出し

Comentarios


Los comentarios se han desactivado.
bottom of page